太陽光発電設置費用の計算方法

太陽光発電システムを設置する場合、費用がどれくらいかかるかや太陽光発電の基礎知識がないまま、なにもわからないで契約してしまうと失敗してしまう可能性があります。

あるていど勉強してから太陽光発電システムを設置するようにしましょう。

 

セット内容によって太陽光発電の初期費用は違う

 

 

太陽光発電システムという一般的な価格相場は、工事費込みで1kw=41万円くらいです。

太陽光発電システムというのは、家の屋根それぞれで、屋根の向きや面積、屋根の素材の種類などで設置するシステムやパネル、容量が変わってきます。

住居用太陽光発電の平均容量が約4.90kwなので、設置価格はだいたい200万円程度かかります。

ちなみにこの価格は蓄電池なしの価格なので、蓄電池を足しますともう80万円ほどかかります。

初期費用も大事ですが一番大事なのは、毎月の発電や売電のバランスです。
太陽光発電は先程も説明した通り、200万円程度かかってくる高価なシステムです。

毎月のローンや月々の電気代、売電収入を踏まえて、バランスよく支払い計画を立てていく方が良いでしょう。

 

 

太陽光発電の前にお得なアンビットエナジーに切り替え

 

 

電力自由化でさまざまな会社が、電力小売業界に参入しています。
特に、アンビットエナジーは、日本の電力自由化にともない上陸したアメリカの信頼置ける会社です。

より安全で安心して登録できる電気の販売会社です。

太陽光発電システムをすぐに導入するのが難しい環境にある場合は、まずは電力会社をアンビットエナジージャパンに変更して、月々の電気代をお得にするのもよいでしょう。

アンビットエナジーに関するご質問ご入会希望は、LINE@でお気軽にお問い合わせください。
金目 裕(かなめ ゆたか)のLINE@
(ID検索時は@をお忘れなく)
@xmg1957u
LINE@

友だち追加