ローンを組んでお得な家庭用太陽光発電

太陽光発電をローンで払って、どれくらいお得になるのでしょうか。
アンビットエナジーも登録して、さらに電気代をお得にしましょう。

 

電力自由化による太陽光発電を導入したケース

私の家では、太陽光発電システムを1年ほど前から始めました。
南向きの広い屋根のため、入居してから様々な業者が提案したいと音連れていました。

長州産業の太陽光発電を6.8Kw載せました。
ワット数が大きかったためパワーコンディショナーも2台となりました。

今後、各家庭に設置される予定とのことでHEMSも付けました。
すべてで、初期費用は350万ほどでした。

当然ローンですが、売電があることから実際に支払うのは、ローンの月額から売電額を引いた数千円になると営業に説明を受け、運用をスタートしました。

はじめのうちは、特にですが、節電などに気を付けるようになりました。
しかし、最初のうちだけです。

うちは、まだ子供も小さく、リビングに寝るまでみんないるため、まだ、利用電力は少ないため、この1年で実際には、数千円のローンも賄えています。

逆に1年目に限っていえば、少しですがプラスになっています。
屋根の劣化も抑えられますし、今はわかりませんが、補助金も出ました。

つけるときには、ちょうど、売電額の見直しがあり、大幅に、減った後となったため、営業の計らいで、業者の想定売電額と決定した売電額の差額を数年分減額してもらえたため、良い買い物ができたと思っています。

実際の、月々の売電額は、冬の安い時で15000円ほど、初夏の良い時で30000円弱あります。

 

太陽光発電ローンを組むと電気代以外も回収できる

 

太陽光発電を導入する時に、業者から割引や特典をかなりもらえたので、初期費用がかかっても平気ですね。

太陽光パネルを設置することで屋根の補強にもなるので、家が長持ちするので改築費用もお得になります。
月々の売電額も多い方なので、家庭での電気代をかなり浮かせられます。

 

長州産業の太陽光発電とは

 

長州産業の太陽光発電も、信頼おけるパネルとシステムです。

太陽電池モジュール設置部からの雨漏りに対する保証制度があり、10年以上はまず耐えられます。

太陽光発電パネルの標準架台フレームに、高耐食溶融亜鉛めっき鋼板が使われています。
高耐食溶融亜鉛めっき鋼板は、耐食性と耐候性に優れて、めっき層が通常の亜鉛めっき鋼板より硬くなっています。
優れた耐摩耗性、耐疵付き性があり、モジュール出力も25年保証されています。

 

太陽光発電のHEMS(ヘムス)とは

 

HEMSとは、「Home Energy Management System(ホーム エネルギー マネジメント システム)」の略です。

HEMSは、家庭用電気を節約するために開発された、管理システムです。

家電や電気設備とつないで、電気やガスなどの使用量をモニター画面などで「見える化」したり、家電機器を「自動制御」も可能という、近未来的でお手軽なシステムです。

HEMSはiOSでいうMacBookの母艦のようなもので、太陽光発電だけでなく、スマートメーター、蓄電池、照明器具、エアコン、電気自動車、エネファーム、エコキュートなどにも接続可能です。

電気だけでなく、ガスも対応しているので、便利ですよね。

 

太陽光発電のパワーコンディショナーとは

 

パワーコンディショナーは通称パワコンとも呼ばれて、インバーター(変換器)の一種です。

太陽光発電パネルから流れる電気はほとんどが直流なので、家庭向けに交流に変換することで、問題なく電気にして生活できるわけです。

電圧と電流が不安定になっても、パワーコンディショナーで安定させて、家電や蓄電池が壊れにくくなるシステムです。

パワーコンディショナーが内蔵されていないと、家近所の落雷によって家電が壊れるような感じに、常に脅威にさらされる可能性があります。

太陽光発電はゆるやかな電力供給のイメージがありますが、電圧と電流が不安定さはあなどれません。

よって、太陽光発電の初期費用はケチってはいけません。

 

アンビットエナジーに登録して電気代をさらにお得にしよう

 

太陽光発電の導入で電気代と家の改築コストをおさえられていますが、さらにアンビットエナジーを登録して、月々の電気代を割引にしませんか。

アンビットエナジーは、アメリカの信頼置けるエネルギー販売大手企業です。
日本の電力自由化にともない上陸してきました。

アンビットエナジーに関するご質問ご入会希望は、LINE@でお気軽にお問い合わせください。
金目 裕(かなめ ゆたか)のLINE@
(ID検索時は@をお忘れなく)
@xmg1957u
LINE@

 

友だち追加