電力自由化への不安を取り除こう

電力の自由化により、いろいろな企業が電力の売買を行い始めています。

それにより電力会社ではない企業、いわゆる電力小売り会社や携帯電話会社が電力の売買を行うようになるのですが、不安に感じる点もあります。
募集したアンケートを参考にして、不安をとりのぞきましょう。

 

いろいろな企業が電力自由化に参入する意味

 

 

売買を始めるにあたりプロが集まり知識を持って扱いを始めるのでしょうが、何かあったときには新しい商品の為知識が追いついていませんでした。と言われてしまえば、こちらはどうしようもありません。

結局、売られている電力は、元ある電力会社による発電で、管理も元の電力会社が行ったりする場合も多いのですが、中にはメガソーラーを広大な土地に設置しその電力を自分たちで管理し、売買を行う場合もあります。

こうなってくると、いざというときに電力の供給が断たれたときにどうなってしまうのか、私達ユーザーはわかりません。
電力は同じ電線から供給されるので、特定の企業と契約している家庭のみの供給が断たれるのでしょうか。

そういった点の説明も、電力会社は明確にしてもらいたいと思います。

 

 

電力自由化による停電はめったに起きない

 

 

元の電力会社から新しく契約した電力会社へ切り替える時は、停電になる可能性がゼロではありません。

しかし、めったに起きるケースではなく、仮に停電になったとしても1か月分の電気代は無料の補償サービスがある電力会社もあります。

それは、アンビットエナジージャパンという本社がアメリカにある会社です。

日本の電力会社の中では、電気代がとてもお得です。

アンビットエナジーは、日本の電力自由化にともない上陸したアメリカの信頼置ける会社です。
より安全で安心して登録できる電気の販売会社です。

アンビットエナジーに関するご質問ご入会希望は、LINE@でお気軽にお問い合わせください。
金目 裕(かなめ ゆたか)のLINE@
(ID検索時は@をお忘れなく)
@xmg1957u
LINE@

友だち追加