アンビットエナジーとENEOSでんきの料金比較

アンビットエナジージャパンもENEOSでんきも、電気料金は通常よりかなりお得になります。
アンビットエナジージャパンもENEOSでんきの料金を比較して、光熱費を節約してみませんか。

 

我が家の電気代比較

 

 

我が家は3LDKマンションで30A契約で、そこまで電気を節約していません。
アンビットエナジージャパンとENEOSでんき、東京電力の料金を比較しました。

 

 

6月 223kwh 12月 414kwh
東京電力 5863円 11286円
ENEOSでんき 5654円 10768円
アンビットエナジージャパン 5429円 10397円

 

※燃料費調整額と再生可能エネルギー発電促進賦課金、各社割引ポイントを除く。

ざっくり比較してみましたが、アンビットエナジージャパンが一番お得な結果となりました。

 

 

アンビットエナジーとENEOSでんきと東京電力の基本料金

 

 

単位 アンビットエナジー ENEOSでんき 東京電力
10A 280.8円 280.8円 280.8円
15A 421.2円 421.2円 421.2円
20A 421.2円 561.6円 561.6円
30A 561.6円 842.4円 842.4円
40A 1123.2円 1123.2円 1123.2円
50A 1404円 1404円 1404円
60A 1684.8円 1684.8円 1684.8円

 

比較すると、20Aと30Aの料金が違い、他はすべて同じ価格となります。

2人暮らしの我が家はアンビットエナジージャパンの30A契約で、エアコン2台を使ってもブレーカーは落ちないので、快適です。

基本料金もお安く契約出来て満足しています。

 

 

アンビットエナジーとENEOSでんきと東京電力の電力量料金

 

 

電力量 アンビットエナジー ENEOSでんき 東京電力
≦120kWh 17.86546円 19.52円 23.4円
121-300kWh 23.79621円 24.09円 23.4円
>300kWh 27.47546円 25.75円 30.02円

 

一番安い価格は、120kWhまではアンビットエナジージャパン、121~300kWhは東京電力、300kWh超えはENEOSでんき、となりました。

それぞれの家庭で、月平均でどれくらいの電力を消費するかにより、おすすめの電力会社は違ってきます。

1人や2人暮らしであまり電気を使わないならアンビットエナジージャパン、家族人数が多く家電をよく使うならENEOSでんきがおすすめですね。

夏と冬に空調を多く使うなら、なおさらENEOSでんきが良いでしょう。

 

 

ENEOS(エネオス)でガソリン給油するほど電気代お得

 

 

携帯電話会社で電気を契約するときに、携帯電話や光ケーブルをともに契約しているとセットでお得なように、ENEOSでんきもガソリンを給油するほどお得なシステムです。

 

 

ENEOSでんきがさらにお得になる条件

 

 

・ENEOSカードでENEOSでんきを支払うと給油1円/L割引

 

もともとENEOS(エネオス)で給油していたり、自宅や勤務先、通り道にENEOS(エネオス)があると、電気代もガソリン代もお得になる仕組みです。

 

・2年とく割で電力量単価が0.2円割引

 

2年しばりのENEOSでんきを契約すると、さらに1~2%電気代が安くなる仕組みです。

 

・Tポイントを付与

 

東京電力と同じサービスです。

 

 

ENEOSで給油しないならアンビットエナジーがおすすめ

 

 

我が家の自動車はENEOS(エネオス)ではなく、宇佐美でガソリン給油しています。

近所に何店舗もENEOS(エネオス)があるのですが、通り道ではないからです。

よって、もともと契約していた東京電力からアンビットエナジージャパンに切り替えました。

電気消費が300kwhを超える月もあるのですが、せいぜい年1.2か月なので、我が家はアンビットエナジージャパンの方がお得になる結論でした。

ENEOS(エネオス)を利用する機会があまりないなら、アンビットエナジージャパンへ切り替えをおすすめします。

アンビットエナジージャパンと契約したい、さらに詳しく知りたい方は、LINE@でお気軽にご連絡ご相談ください。

心よりお待ちしております。

金目 裕(かなめ ゆたか)のLINE@
(ID検索時は@をお忘れなく)
@xmg1957u
LINE@

友だち追加