電力自由化でお得なアンビットエナジージャパン

電力自由化と太陽光発電の関係

 

すべての業界において、競争の自由化が叫ばれています。
資本主義社会なので、自由な競争というものは否定されるべきものではありません。

電力においても、従来の電力会社は、一昔前までは公益企業と呼ばれ、通常の民間企業と異なり、社会的認知・暗黙的合意(?)による独占企業の状態と考えてよいのかと思います。

この公益企業という考え方は、現在で言うところの社会インフラを支える事業体であり、世の中にとって無くてはならない存在ではあるので、従来までは国や県の地方公共団体に近いイメージをもっておりました。

しかし、かつての通信関係の公社がそうであったように、電力の自由化による市場の競争原理が、国家・社会・経済に有益な効果をもたらすことは明確です。

しかし、ここで価格競争のスパイラルに突入しますと、恐ろしいのは安全性や継続性の問題です。
どうしても過当競争になれば、価格を下げざるをえません。

そして、価格を下げることにより、企業努力でコストを下げることになります。
そこに無理を重ねると、社会インフラゆえの大きな問題が露呈してきます。

参入を認めることはよいことです。
但し、その企業がゴーイングコンサーンとしての使命・経営力・電力事業に対する理解力と展望を本当に持っているのだろうかは、まだ判断するのに難しい所かもしれません。

現在、太陽光発電が台頭してきました。
自宅でソーラーパネルを取り付けて売電と言うビジネスモデルが盛んになったことがございますが、実は、あの初期投資額を回収するのには相当の年数を必要とします。

技術革新によってソーラーパネル以外の太陽光発電ができるかもしれませんが、カラスが来て、ソーラーをつついただけで故障するという、極めて強靭さに欠ける製品です。

まだ安定した電力源とはいえないと思います。

電力の自由化は、まだまだこれからも行われるでしょうが、安定した状態が構築できるのには時間がかかると思います。

 

アンビットエナジーは信頼できる電気の会社

 

アンビットエナジーは、日本の電力自由化にともない上陸したアメリカの信頼置ける会社です。
より安全で安心して登録できる電気の小売会社です。

アンビットエナジーに関するご質問ご入会希望は、LINE@でお気軽にお問い合わせください。
金目 裕(かなめ ゆたか)のLINE@
(ID検索時は@をお忘れなく)
@xmg1957u
LINE@

友だち追加